買ったもの

【レビュー】子犬時に購入したキャリーケースがすぐ小さくなったので買い直し!サイズ選びのポイントなど解説【リッチェル キャンピングキャリー】

わんこを飼うと必ず必要になってくる「キャリーケース」。

  • 車でお出かけ
  • わんこの病院
  • 場合によってはケージ替わりに

といった感じで、わんこを買っていると必ず必要となってくるアイテムになります!特に、車移動や飼いはじめの頃の病院(ワクチン接種とか)では必需品です。

初めてわんこを飼う人にとっては、「じゃあどんなキャリーケースにすればいいの?」と思うかもしれませんね。

本記事では、そんなキャリケースが良いか?というのを私が購入したキャリーケースを参考に紹介していきます!



最初から成犬サイズのキャリーケースを買うべし!

(過去の自分にも教えてあげたいのですが)最初から大きい、成犬サイズにあったキャリーケースを買うべきです!

「キャリーケースは体のサイズに合ったものを使いましょう!」とも聞きますが、個人的にはそれは「No」です。

※大きいサイズのケースだと、体のサイズに合っていないため余計に揺られてダメらしいです(車酔いとか)。

 

わんこはすぐ大きくなります!すぐにそのキャリーケースは小さくなるよ!!

成犬サイズのキャリーケースを買うべき!という理由はのすべてはこれです ↑

(我が家の場合)生後2ヵ月の頃に小さいキャリーケースを購入した

我が家の愛犬りおんがおうちに来てすぐの生後2ヵ月くらいにキャリーケースを購入しました。

「近々実家に帰省する」とか「病院に行く必要がでてくるかもしれない」という理由で取り合えず必要になりそうだったので購入。

キャリーケースを購入して1ヵ月後の、生後3ヵ月の我が家の愛犬です。

ママ
既にキャリーケース小さいんだけど…。(笑)

我が家にやってきたこ頃は1.5kgと超小さかったのですが、この写真の時にはすでに3.2kgくらいとすくすく成長しています。

そりゃキャリーケースも小さくなるわけですよ!

↓ 最初に購入したキャリーケースはこちら(写真のやつです)。

 生後3ヵ月ともなると、こんな感じで脱走したりもしますしね。

ママ
もうギリギリサイズだね(笑) ↓

というわけで、新たにキャリーケースを購入しました。

※先ほどのキャリーケースなんて2回くらいしか使っていないのにな (^^;)

キャリーケースが小さくなったので新たに大き目のキャリーケースを購入!【リッチェル キャンピングキャリー Mサイズ】

↓ こちらを購入しました。最初からこのサイズにしておけばよかった…。

↓ こんな感じでばらすこともできます。

↓ サイズ感はばっちりです!この時は体重は6kgくらいです。【Mサイズ】を購入したので、成犬(約10kg前後)でも問題なく入る予定です!

↓ 車に乗せるとこんな感じ。シートベルトも固定でき、使い勝手も良好!

↓ 最初に使っていたキャリーケースと比べても、大きさが全然ちがいます(^^;)

【リッチェル キャンピングキャリー】こっち買えばよかったかも…。

一見先ほどの同じ種類のキャリーケースと同じように見せますが、微妙にちがいます。

上の扉があくタイプがこちら。若干値段は高いですが、こっちにすればよかった(Amazonで購入したのですが、良くみずに購入しちゃいました…)。

まとめ:わんこの成長は早い!キャリーケースは成犬サイズで購入してもよいかも!

わんこの成長はほんとはやいです!

子犬と思っていても、ずんずん体重も増えてすぐ大きくなります!子犬サイズに合わせて購入したキャリーケースなんてすぐ小さくなり使えなくなります(あぁもったいなかったなぁ(笑)。2回くらいしか使っていないのに…)。

というわけで、キャリーケースを購入するなら成犬時のサイズにあうものを購入しましょう!

↓ 上部の扉が開くタイプの方が何かと使い勝手がいいですよ!愛犬の様子をチェックしたり、トイレシートを変えたり、おやつを上げたりと上の扉が開くだけで、使い勝手が向上します。

YouTube@りおんチャンネル

YouTubeでりおんの日常を投稿してます!ぜひチャンネル登録お願いします!



-買ったもの

© 2020 りおんのブログ@フレンチブルドッグ