犬服作り

【準備】犬の洋服を手作りしたい!まず初めに必要な道具や準備するべきもの【とりあえずこれがあれば犬服作れます】

この記事を書いている約3か月ほど前から、犬の服作りをはじめました!

↑最近ではこんな服(タンクトップ)を作りました。

ちなみに、私はミシンを使ったり洋裁をするのは中学生以来です(20年ぶりくらいとか?)。それでもできました!

本記事では、これから犬の洋服作りを始めたい!という方向けに、まずはじめに準備しておくべきもの(これがあれば犬の服つくれるよ)というアイテムを紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。



【必須アイテム】犬の洋服作りに必要な道具やアイテム

ミシン

洋服を縫うための道具。

とりあえずミシンは必須!

私が使っているミシンは、↓こちらの記事で紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。

【犬服作り】ブラザーのコンピューターミシンを購入|値段も手頃&機能良好 超初心者にもおすすめしたいミシンです【CPS4204(PS202)】

続きを見る

2万円程度の家庭用コンピューターミシンを使っています。↓こちらです。

ちなみに、フットコントローラー(足で縫いスタート・ストップできる)があると作業がはかどります!

ミシン糸

ミシン糸は超重要です。

使う生地によって糸を選ぶ必要があります。

犬の服はだいたい伸びる生地を使って作成します。いわゆるニット生地とかいうやつです。

そのため、伸びる生地には伸びる糸を使ってあげる必要があります。じゃないとワンコに服を着せた時にブチっと糸が切れたりします。

(犬服作りを始めた直後は、私はこれを全然知らなかったのでせっかく作った服の糸がブチっと切れたりしました…)

伸びる糸ですが、ニット用のミシン糸というのが売っています。これを選べばOKです。

 

そしてもう一つ重要なことが…

Amazonなどで売っている、安くていろんな種類の糸がたくさん入っているやつは使わない!

↓ こういうやつです。私はミシンと一緒にポチッてしまいました。

安い糸を使うとミシンの縫いあとがキレイに仕上がりません!糸でこんなにも変わるのか…と実感しました。

私は、↑レジロンというやつを使っています。手芸屋さんでも取り扱っている、定番・安心の糸です。もちろんAmazonとかでも売っています。

糸はそれほど高くはないので、初めにいろんな色の糸を買ってそろえておくといざという時に役立ちます(新しい生地買って、それにあう色の糸をわざわざ買いに行くのが面倒です)。

ニット用ミシン針

ミシンを新たに購入すると、おそらくミシン針も付いてくると思います。

その中にニット用のミシン針も入っているかもしれません。その場合は新たに購入する必要はありません。

(私は予備で買いました。そんなに高くないので。)

先ほどの糸がニット用の糸であるように、針もニット用を使います。針先が丸く糸切れしないようになっているんだそうです。

↓ 生地の厚さによって、針のサイズを変えたりもします。

犬の洋服の型紙

型紙使わずに作る人もいるかもしれませんが、初心者には不可能なので型紙を使います。

型紙使うと簡単にきれいに犬服が作れます!型紙の形に合わせて生地を裁断するのにつかいます。

↑ こんな感じに、生地に型紙を合わせてはさみできっていきます。

 

じゃあ犬服の型紙はどこで手に入れればいいの??

というわけで、ネットか本がおすすめです。

自宅にプリンターがあり印刷できる場合は、ネットで型紙をダウンロードして使うのが簡単です。

おすすめは「milla milla」というサイトです。

有料の型紙もありますが、無料公開されているものも沢山ありおすすめです!

いろんな犬種の型紙が公開されているのもGoodです。

そして、自宅で印刷できないという方は、「犬服の作り方」みたいな本を購入するとそれに型紙が付属されてきますので、それを使うのがおすすめです。

生地

自分で犬の服を作る事の醍醐味の一つとして、好きな柄の生地で愛犬の服が作れる!があると思います。

市販の服だとどうしても柄がちょっと気に食わない…、とかもあるかもしれませんが自作なら自分が好きな生地・組み合わせて作れます!

私は、生地は主にネット(楽天市場が多い)で購入しています。

私がよく購入しているお店を3つほど紹介しておきます。楽天市場へのリンクも張っておきますので、気になった方はチェックしてみてください。

※「ル・シュルク」というお店が、がかわいいデザインの生地が多く気に入っています。

その他にもたくさん、生地のお店があるのでお好みのお店をさがしてみてください

>> 楽天市場で生地をさがしてみる! 

↓ こんな生地も買いました。

裁ちばさみ

生地を切るハサミ(裁ちばさみ)です。

実際使ってみて実感しましたが、裁ちばさみはちゃんとしたのを購入した方がよいです!あたり前ですがよく切れるハサミが良いです。

私は、手芸屋で¥600くらいの安めのやつを買いましたが、切れ味がいまいちで後悔しています…。

生地って厚いものから薄いものまで色々種類があります。実際切ってみると、これが中々切れないんですよね!普通のハサミじゃ到底切れない感じ(そのために裁ちばさみがあるんですよね)。

手芸屋だと、高いのだと¥5,000近くするものも売っていました。

そこまで高いのを買う必要はないと思いますが、それなりの値段でしっかりしたやつを購入した方がよいと思います。

※ 生地の切り口のキレイさが出来上がる服の仕上がりにも影響してくるので、必須アイテムとしておきました。

チャコペン

生地に型紙をうつすのに使います。型紙通りにペンでなぞってしるしをつけて、ハサミで切っていきます。

↓ うっすら見えますかね?ピンク色で線が描かれています。この線を描くのに専用のチャコペンというものを使っています。

私も使っていますが、時間が経過すると自然に消えるやつはとても便利です。

あと、黒い生地には、KWAGUCHIアイロンマーカーというペンがおすすめ(私も持ってます)。

これは、自然には消えませんがアイロンをかけるか水をつけると消えます。消すのにひと手間かかりますが、黒い生地にもしっかりマーカーしてくれるので最高です。

↓ 黒い生地にもちゃんと書けているのがわかると思います。

マチ針 or 仮止めクリップ(両方あると便利)

マチ針の存在は知っていると思いますが、生地を仮止めするときに使います。

ミシンで縫うのに、生地がずれたら大変なのでしっかりとマチ針でとめておく必要があります。必ず使います。

(私だけでしょうか…)結構マチ針を手に刺します!痛いです。気を付けていてもどうしても刺してしまう…。

そんな方には、クリップがおすすめ!(↓こういうやつ)

洗濯バサミの小さいバージョンって感じです。止める力もかなりしっかりしています。

便利すぎて、最近はマチ針を使わずに、この仮止めクリップしか使っていません。

1セットで10個入り。狭い間隔で沢山使いたいときがあると10個では足りなくなりますので、2セット(20個)あれば安心かなと思います。

値段もそんなに高くないので、用意しておくことをお勧めします!

【あれば便利なアイテム】犬の洋服作りに必要な道具やアイテム

ものさし

生地を切ったり、生地にチャコペンで線をひっぱったりするときに使います。

手芸用の長い竹のものさしとかあると便利だと思います。

私は100円ショップで購入した30cmものさしを使っています。

30cm以上の長い直線を引いたりしたい時が結構あるので長いのが欲しいなと思うことが多々あります。

あれば便利、という感じです。

カッティングマット

私はいつもダイニングテーブル(結構高かったやつ!)の上で生地を切ったり、ミシンをかけたりしています。

特に、生地を切るときに、裁ちはさみでテーブルを傷つけたりしそうになる(生地を切りながらテーブルの上をはさみを滑らせていく時に)ので、カッティングマットを敷いて作業しています。

100円ショップで購入した小さいタイプなので、できれば大きいものがあると重宝すると思います。

まとめ

というわけで、これから犬服作りをはじめたい!という方向けに、とりあえず必要な道具・アイテムをまとめてみました。

改めて列挙しておきます。

  1. ミシン
  2. ニット用ミシン糸
  3. ニット用ミシン針
  4. 型紙
  5. 生地
  6. 裁ちばさみ
  7. チャコペン
  8. マチ針 or 仮止めクリップ

最初はよくわからずに余計な買い物をしがちですが、とりあえずこれがあればOKというものを紹介してきました。

是非参考にしてみてください!

YouTube@りおんチャンネル

YouTubeでりおんの日常を投稿してます!ぜひチャンネル登録お願いします!



-犬服作り

© 2020 りおんのブログ@フレンチブルドッグ